【スポンサーリンク】

体温が高いと人は性格がまろやかになるって本当ですか?

体が温まると心も暖かくなる

【スポンサーリンク】
  体が温まるとほっこり、まったりした気になったことはないのでしょうか。これは気のせいなのではありません。

ホットコーヒーを使った有名な実験があるので紹介いたします。アメリカの行動経済学者であるローレンス・ウィリアムズとジョン・バーグによる実験であります。

彼らは実験参加者を実験室に連れて行くエレベーター内で、参加者にホットコーヒーか、または冷たいコーヒーを持っていて欲しいと依頼しました。

実験室に入った後、参加者に架空の人物の特徴が書かれたリストを読んでもらって、その人物の印象について評価してもらいました。

するとホットコーヒーを持った人とアイスコーヒーを持った人とでは評価が大きく分かれたのです。

ホットコーヒーを持った人はその人物の印象を「親切」、「寛容」であると評価しました。 さらに実験の謝礼として「友人へのギフト」と「自分のための品」のどちらかを選択してもらうよう依頼すると、手を温めた人の多くは「友人へのギフト」を選んだのであります。

その後の実験でも、皮膚を温めた人は人への信頼感が増し、人との対人距離が短くなることもわかりました。この実験では温めた部位はたまたま手でしたが、どの部位を温めたとしても結果は同じと言うことも分かりました。

また、 暖かい部屋で遊ばせた子供達と、冷たい部屋であそぼした子供たちのうち、それぞれ1人にお菓子を与えてどんな風に食べるか観察した実験もあります。

暖かい部屋にいた子供はお菓子をみんなで分け合って食べたのですが、冷たい部屋にいた子供は自分一人で食べてしまうという結果になりました。

体が温かいと心もあったかくなるのは脳にある島皮質と線条体と呼ばれる部分によります。 島皮質と線条体は体の暖かさを感じると興奮します。この部位を同時に、心理的な温かさにも興奮する部位でもあるので、温かい気持ちを持ちやすくなるのであります。

また脳の側頭葉の奥にある扁桃体はストレスに反応する部位です。つまり不安や恐怖などネガティブな感情に反応するのですが、体が冷やされた時にも同様に反応してしまうのです。

これはおそらく 原始的な反応の一つなのでしょう。体が冷えると言うことは、そく生命の危機と繋がっているためにネガティブな感情と結びつきやすい。だから体が冷えると人に対して信頼感が持てなくなったり思いやりの心が持てなくなったりしてしまうのです。

この様に皮膚の温度の変化を無意識のうちに心に影響を与えているのです。

【スポンサーリンク】
 

まとめとしては、職場などでイライラしたり、人にきつめに当たっているなと感じたときは、ちょっと一息ついて温かい飲物でも飲んでみましょう。少しは人にやさしくできる自分にかわっているかもしれません。

 

 

 

 

【スポンサーリンク】